法話

信じ、続ける 令和元年10月 (2019年10月1日)

 十月になると気温の低い北海道では紅葉のピークを迎えるところがほとんどです。紅葉の名所は全国各地数多くありますが、一早く私たちを楽しませてくれます。  木々の様子が、赤や黄というように様々に彩られ染まっていく様に、法然上 […]

続きを読む…

今日の善行は、明日の蓄え 令和元年8月 (2019年8月1日)

 「その行いが親切であれ、わかち合え、善いことをしなさい」というお釈迦さまのお言葉があります。 心から相手を思いやり、自分の持っているものを分け与え、人さまに喜んでいただける行いをしなさいというお言葉です。  北海道全域 […]

続きを読む…

張り過ぎず、緩み過ぎず 令和元年6月 (2019年6月1日)

 紫陽花(あじさい)の咲き始める季節。気付けば今年も残すところあと半年となりました。  日々の忙しさにかまけても、足元に咲く花に目をやる余裕は持ちたいものです。  本年働き方改革関連法が施行されましたが、日本は他国に比べ […]

続きを読む…

希望に満ちた朝日のように 令和元年5月 (2019年5月23日)

 今月から新元号となりました。新たなる時代の幕開けはどんなだろうと、まさしく朝日が昇るがごとく、希望に満ちた気持ちではないでしょうか。 「さしのぼる 朝日のごとく さわやかに もたまほしきは こころなりけり」(明治天皇御 […]

続きを読む…

タンポポとお念仏 平成31年4月 (2019年4月1日)

 長い冬も終わりが近づき、春の訪れを感じるようになりました。草花も春が近づいているのがわかるのか、少しずつ芽を出しはじめているようです。  草取りに追われる夏の頃などは憎たらしいタンポポなどの雑草も、この時ばかりは不思議 […]

続きを読む…

彼岸に到るための修行=パーラミター 平成31年3月 (2019年3月1日)

 暑さ寒さも彼岸まで。ようやく長い冬が明け、過ごしやすい季節となってまいりました。これからは日脚も一日一日伸び、心も体も暖まってくることでしょう。皆さまもこのすがすがしい季節、お彼岸にお寺、お墓へ出向き、ご先祖様にお参り […]

続きを読む…

お念仏の温もり 平成31年2月 (2019年2月1日)

 暦の上では立春を迎える二月ですが、まだまだ寒い日が続きますね。  この時期お檀家さんのお宅へ伺うと、座った座布団がじんわりと温かいことがあります。 「寒い中お寺さんがお参りに来てくれると思って」と、お家の方が事前にスト […]

続きを読む…

毎日の積み重ね 平成31年1月 (2019年1月1日)

 新年明けまして、おめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。  平成の時代もあと4か月…新元号に変わり、どんな時代になってゆくのか、希望や不安もあろうかと思います。  新年をスタートする時、「今年は〇〇な一年 […]

続きを読む…

仏名会(ぶつみょうえ) 平成30年12月 (2018年12月1日)

 今年も早くも12月を迎えることとなりました。 ご存知の通り、12月は「師走」とも言います。諸説ありますが、この「師」には「僧侶」の意味があるそうで、「師走」は「お坊さんが走り回るほど忙しい」という意味が込められているよ […]

続きを読む…

「あ~、極楽、極楽」 平成30年11月 (2018年11月1日)

 寒い今の時期、凍えながら外から帰ってきますと、暖かなお部屋の空気に触れ、ホッと一息…。さらに、その日の疲れを癒そうと、お風呂に入ったならば、「あ~、極楽、極楽」と心も体も思えるのではないでしょうか。  お風呂に入れば、 […]

続きを読む…